不動産経営の支援・管理
株式会社みね管財
ホーム業務案内会社情報ひとつ上へ
【月刊】扉が開くとき
日常の出来事や、気になった疑問・面白そうなアイデアなどなど、話題提供コーナーです。皆さんの興味の扉が開けば幸いです。
消費税10%は延期に
2014/12/20

平成24年(2012年)に民自公の三党合意がなされて以降、消費税が8%・10%に増税されることが前提で様々な政治・経済の動きが始まりました。

平成25年(2013年)には、景気回復を思わせるような建築ラッシュや自動車販売台数などがあり、平成26年(2014年)4月に消費税が8%に引き上げられて以降は、住宅などの高額商品を筆頭に、一般消費も大きく落ち込みました。

結果的に、消費税の再増税は平成29年(2017年)4月に10%へ引き上げ先送りという判断になり、税制が経済的・心理的に人々の活動に大きく影響を与えているかがわかります。改めて2年半後の再増税に向けて、見通しを練り直さないとなりません。

ただ、不動産所有者にとっては、相続税増税の方が深刻かもしれません。いよいよ来年(2015年)1月からで、こちらは延期されません。課税対象者は増えますので、まだご存知なかった、気にしていなかった方々も今からしっかり対策していただきたいものです。

ステーション整備
2014/11/22

来月2014年12月にトヨタから燃料電池車が販売されることになりました。水素を燃料として発電した電気で走ります。その車名の通り「ミライ」を感じさせます。

有明水素ステーションしかし肝心の水素燃料を補給するステーションはまだ整備中。都内に唯一ある水素ステーションも当然休業状態ですが、販売開始までには、数カ所に増やすようです。

充電器一方で電気自動車は、着々と充電設備を増やしているようです。駐車場の隅に郵便ポスト風に立っている充電器ですが、電気自動車だけでなくプラグインハイブリッド車の普及もあり、充電器に接続している車両をチラホラ見かけます。チャージ中

無料サービスが多かった充電器ですが、当然利用者が増えてくると有料化・事業ベースに乗ってきます。設備費がそれほど高額ではないので、飲料自動販売機のように空きスペースには電気自動車の充電サービス業が増えてくるかもしれません。有料化のお知らせ

二重化
2014/10/18

通常は山手線の3番ホームに、ブルーのラインの京浜東北線が入線しています。電光掲示板には「京浜東北線 大宮」行きの文字が表示されています。山手線ホームに京浜東北線

ちょうど京浜東北線の東京駅北行きで人身事故があり運行が休止に。事故車両は救出と現場検証のために停車したままであるものの、その他の電車は20分ほど後に、田町駅から田端駅の間では山手線線路を共用走行して運転を再開したところです。

どうやらJR東日本では、山手線と京浜東北線が並走しているこの複々線区間は、日頃から工事や故障の際にも相互運用できるようなバックアップ体制ができているようです。

迂回路や非常時の切り替え2体制など、緊急事態が生じても影響を最小限に食い止められるよう何事も備えておきたいものです。

豊島区庁舎
2014/09/20

都内にわずか一路線残る路面電車の都電荒川線。バスよりもひと回り小さいその車体は、昔と変わらぬ姿で走り続けています。都電荒川線

その風景のはるか向こう、街並みは刻一刻と変わっているようですね。高くそびえるタワーマンションがまたひとつ出来上がるところです。

としまエコミューゼタウンこれは南池袋の旧小学校跡地を含めた周辺再開発事業として、平成27年春に竣工予定の「としまエコミューゼタウン」です。これまでの再開発タワービル・マンションと比べて大きく異なるのが、豊島区役所などの公共施設を含めた商業・住居複合ビルなのです。

建設や資金繰りなどのノウハウは民間ディベロッパーに任せ、区の財政負担は少なく、分譲するマンション部は駅直結という利便性だけでなく、構造的にも防災拠点となる区役所の上という安心安全を謳い、完売したとのことで、老朽化公共施設の更新を含めた再開発事業のよい先例となりそうです。

空き家率
2014/08/23

7月の下旬に、5年おきに公表される「平成25年住宅・土地統計調査」の調査の結果が発表されました。空き家率が、13.5%と過去最高を更新したことが伝えられています。

総住宅数は6063万戸と5年前に比べて5.3%の増加、人口増加が頭打ちの中、空き家数は820万戸と、5年前に比べて8.3%増加しています。

不動産賃貸業界として、稼働率・空室率というのはとても神経質になる数字だと思いますが、先ほどの数字は日本全国の住宅を対象に、人口流出が続く過疎地の空き家や後継者のいない故郷のご実家なども含まれた数字になります。空き家がたくさんあるのに、なぜそこに人々は住まないのでしょうか?

総人口は減るものの、人々の居住希望エリアは都市部へと、集中が続いています。賃貸経営で見る空室率は、もっと個別地域的に観察して、競合物件の供給数や賃貸需要の推移を中長期的に予測していく必要があると思われます。

橘丸就航
2014/07/12

竹芝桟橋とレインボーブリッジ伊豆諸島の三宅島・八丈島方面へ客船を運航している東海汽船ですが、この度、22年ぶりに船舶を更新し、新造船『橘丸(たちばなまる)』が就航しました。

航路図東京竹芝から11時間の海路ですが、おおまかな航路図を見ても、八丈島まではだいぶ離れていますね。航空路と並び、島民の生活路として、毎日乗客や貨物を運んでいます。

三宅島へ寄港ところで船舶は、土地や建物と同様、固定資産税がかかります。船会社にとっては今後20年以上稼働してもらう重要な設備投資です。新造船になって居住性もアップしたので、乗船率もアップするといいですね。

ようこそ八丈島へ定刻より30分ちかく遅れて八丈島の底土港(そこどこう)に到着、梅雨空の下、お迎えの人々が。橘丸はこれから夏のハイシーズンを迎えます。東海汽船 橘丸

「みね管財」では、人々と地域の結び付きに価値創造の重点を置き、相互発展のための努力と協力をしています。

ホーム業務案内会社情報ひとつ上へ
株式会社みね管財
電話:050-1013-9944
営業時間 9:00〜17:30
定休日 日曜月曜、祝日